ロイター通信によると、エバー航空が5機の787を発注するということです。

同社は現在、4機の787-9と6機の787-10を保有しており、11機が納入予定となっていますが、新たに5機を追加するということです。現時点でどのタイプを発注するかは不明ですが、カタログ価格で約18億ドル(約2,500億円)相当の契約となります。

なお、同社は保有するナローボディ機をワイドボディ機に置き換えることを明らかにしており、今回の発注はその計画の一環である可能性があります。しかしながら、同社は787の完納までの数年は、この計画を実行に移すことはないと明言していたため、今回の発注の意図は不透明です。

今回の発注が、急増する中国への航空需要拡大へ応えるためなのか、米台の政治的な意図が絡んでいるのかは定かではありませんが、どのみち中国絡みである可能性が極めて高いと考えられます。

 

Via: ロイター通信

Photo by Gerard van der Schaaf, via flickr